Pages

December 24, 2009

Ubuntuサーバ再構築(2)

vsftpdをインスコ

sudo apt-get install vsftpd

次にconfig弄りなのだが、そのまえにvimをインスコ(vimデビューなう)

sudo apt-get install vim-full

sudo.vimもついでに。(参考)

sudo wget -P /usr/share/vim/addons/plugin -O sudo.vim "http://www.vim.org/scripts/download_script.php?src_id=3477"
 
vimの使い方はこちらを参照

標準のエディタの変更は

sudo update-alternatives --config editor

で行える。

さて、気を取り直してvsftpdのconfigを弄る

基本的にvsftpd.confは/etc直下にあるが、ないという場合は以下を叩いてファイル位置を確認しよう。

dpkg -L vsftpd

vsftpd.confで弄った部分(参考1)(参考2)

#匿名ログインを許可
anonymous_enable=NO
#ローカルユーザのログインを許可
local_enable=YES
#書き込み許可
write_enable=YES
#デフォルトのumaskを022へ
local_umask=022
#ログ保存位置
xferlog_file=/var/log/vsftpd.log
#ログフォーマット
xferlog_std_fomat=NO
#アスキーモードでのアップロード許可
ascii_upload_enable=YES
#アスキーモードでのダウンロード許可
ascii_download_enable=YES
#ftpサーバ名 バージョンを表示させない。代替メッセージ
ftpd_banner=Welcome to my FTP serer.
#/homeより上層へのアクセスを制限
chroot_local_user=YES
#/homeより上層へのアクセスを制限するリストの有効化
chroot_list_enable=YES
#/homeより上層へのアクセスを制限リストの場所
chroot_list_file=/etc/vsftpd/chroot_list
#Dirごと削除できるようにする。
ls_recurse_enable=YES


service start vsftpd
最低限設定したほうがいいやつを上げた。あとは自分の構築したい環境に適宜変更よろ。

0 コメント:

Post a Comment