Pages

March 26, 2010

Ubuntu 9.10にMongoDBをインストール

"sudo apt-get install mongodb" できる娘うぶんちゅたんなのでほいほい投げてみたけど、やっぱり無かったので、素直にgitから持ってきてコンパイルすることに。

下準備としてコンパイルに必要なパッケージをインストール
sudo apt-get install build-dep scons libreadline-dev libmozjs-dev libpcre++-dev libboost-dev

gitからソースを拝借
cd /usr/src
sudo git clone git://github.com/mongodb/mongo.git
cd mongo
sudo scons all

でやったらエラーはいてくれやがったので、ググる先生に聞いたら、SpiderMonkeyをUTF8形式でインスコしないとだめとかなんとか。
cd -
sudo wget ftp://ftp.mozilla.org/pub/mozilla.org/js/js-1.7.0.tar.gz
sudo tar zxvf js-1.7.0.tar.gz
mv js/src mongo/js
cd mongo/js
export CFLAGS="-DJS_C_STRINGS_ARE_UTF8"
sudo make -f Makefile.ref
sudo env JS_DIST=/usr make -f Makefile.ref export

で、ここまでいれておk的なこと書いてあって"sudo scons all"したんだけど、同じエラーがでやがったぜばかやろー!

いろいろ調べたら、
sudo apt-get install xulrunner-dev
すりゃーいいらしい。

気を取り直して
cd
cd /usr/src/mongo
sudo scons all
sudo scons --prefix=/opt/mongo install

これでインストールは完了しました。

"/opt/mongo"にインスコされていると思います。

あとは、ユーザを追加します。※ほんの一例

sudo adduser --system --home /opt/mongo/ --no-create-home --shell /bin/bash --group --gecos "mongoDB Admin" mongo

DB置く場所はmongoユーザに書き込み読み込みの権限を渡してくださいね。
sudo mkdir -p /data/db
sudo chown -R mongo /data/db
sudo chmod a+x /data/db

残るは、MongoDBが起動時に立ち上げる方法ですが、こいつは割愛させていただきます。

起動方法は
/opt/mongo/bin/mongod
です。

コンフィグはまだよーわからないので後ほどエントリーしたいと思います。


こことかここを参考にすればいいかもYO!

先陣を切っている皆様方に敬意を込めて!



おまけ

Pythonで使うには
sudo apt-get install python-setuptool
sudo easy_install pymongo


FreeBSDだとPortsで普通に通った。FreeBSDってUbuntuよりできる子なのか!?

0 コメント:

Post a Comment