Pages

August 07, 2012

何か一つ自身を持てるもの・強みになるものをもつ

pull requestが通るとニヤニヤが止まらなくなる僕です。

たとえ本当に小さな事でも誰かの役に立ったと思うと嬉しいのです。

誰がなんと言おうと僕はこれからもこれに快楽を得ていくでしょう。



さておき、最近良く思うことがあります。

自分の強みは一体何なのか?っということです。

翌々考えてみると、自分にはこれといって強みになるものなんてないんじゃないかとそう思うのです。

とりあえずTwitterなりフィードなりから興味をそそられるものを片っ端から試して、中途半端に終えることもあります。

その中でも唯一続いてきたのはPythonであるし、良きPythonistaであり続けたいとも思っています。

Linuxだってそうです。

最初はCLIかっけー俺ハッカーじゃん!って思っていたけれど、

プログラミングとともにすることでCUIの良さや、Windowsに比べて開発者との親和性の良さなどいくつも学びました。

さてさて話が少しそれてしまいました。


僕の強みってなんでしょうか?自身を持ってこれだ!って言えるものは何でしょう?

この答えをここ1年考え続けてきましたが、未だに見つかりません。

きっと探し方が悪いのかもしれませんし、はたまた気づいていないだけかもしれません。

このままでは自身の成長の妨げになりかねない。

そう思ったのです。

っということで、具体的な目標を立てて生活してみようかと思います。


最初の小さな目標は

自分がお世話になっているライブラリのコントリビュータになること

そう決めました。

なんだかおかしな目標ではあると思いますが、まずはOSSへ積極的に参加していくことが重要なのかなと思いました。

rejectを恐れずpull requestして行きましょう!

0 コメント:

Post a Comment