Pages

March 29, 2013

PL-US35APをLinuxで使う

もともとCreative SB X-Fi Titaniumを持っていたのだけれど、どうもこいつはLinuxではうまく動かない。

音楽を聞いている分にはいいのだけれどTeamSpeak等のVCを使うと、なぜかノイズが走るようになり終いにはなにも聞こえない状況にまでなります。

Windowsでゲームをする分には必要十分すぎるくらいの性能はあるのですが、Linux環境をメインに使うように移行して以来使い勝手が悪くてイライラしていました。

そこで安いサウンドカードでLinuxでも使えそうなものをAmazonであさりました。

それが今回動作確認できたPL-US35APです。

私の環境はKubuntu 12.04 64bitです。

この環境だと差し込んだだけでは動きませんでした。 ネットでいちよ確認して動くみたいな報告があったので一瞬びっくりしましたが、lsusbでProductID調べてUSB Audioという規格に準拠したデバイスであることがわかり、それ用に設定を行いました。
$ sudo apt-get install alsa-tools alsa-oss alsa-utils alsa-base
で、ひと通り必要なものをインストールして
$ sudo vim /etc/modprobe.d/alsa-base.conf
以下の
options snd-usb-audio index=-2

options snd-usb-audio index=-1
へ変更して再起動したら無事認識しました。

あとはalsamixerで入出力音声の調整を行い、システム側でデフォルトデバイスを変更すれば良いと思います。

ざっとレビューすると出力音質は蟹チップに比べたらそこそこいいように思います。

ドンシャリ音は特になく、左右の定位も曖昧ではなく自分好みでした。

なにより1000円ちょいでこれだけ使えるのだからとても満足しています。

入力音質はMM-MC15BKというマイクを一緒に買い、それで試しました。

蟹チップで試すと、ドンシャリがひどい音質になるのですがそのようなことはなく価格相応またはそれ以上の性能は出ていると思います。

マイクブーストせずともしっかり拾ってくれるのもGood!


March 27, 2013

大きめのファイルをバックアップするとき

いつもはtar.gz等で固めていたのだけれど、ちょくちょく展開に失敗してひどい目に合うことがある。

バックアップ用途に使うときはafioというツールを使えばいいみたいです。

途中で壊れたファイルがあっても、そのファイルをスキップして展開してくれるみたいです。はい。

使い方は各自しらべてください。

tar.gzの修復はgzrecover使えばある程度ましになります。

以上

March 25, 2013

PeerCast IM版をLinuxで動作するように移植しました

PeerCast IM版をLinuxで動くように移植しました。

PeerCast QtのUIコードも持ってきてはいますが現状では正しく動作しないです。

なのでui/linuxをmakeしてCUIとして利用してください。

あとはpcypLiteみたいな視聴ツールを作ればLinux環境で快適に視聴出来ますね。

ソース: PeerCastIM-Mod

March 18, 2013

golangでfib(39)の実行時間

以前の記事をgolangではどうなるのかやってみた。
結果:
$ go build fib.go
$ go version
go version go1
$ time ./fib                                                                                
63245986
./fib  0.54s user 0.00s system 99% cpu 0.548 total

March 13, 2013

Pythonでのfib(39)の実行時間比較

この記事に釣られてPythonではどんなものなのか知りたくなったのでやってみた。

実行環境:
CPU: Intel(R) Core(TM) i7 CPU  860  @ 2.80GHz
RAM: 16GB
OS: Linux 3.5.0-25-generic #39-Ubuntu SMP Mon Feb 25 18:26:58 UTC 2013 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

以下使用したコード
結果は

$ python --version  
Python 2.7.3
$ time python ./fib.py
63245986
python ./fib.py  28.92s user 0.01s system 99% cpu 29.008 total

$ python3.2 --version   
Python 3.2.3
$ time python3.2 ./fib.py
63245986
python3.2 ./fib.py  31.65s user 0.01s system 99% cpu 31.752 total


$ python3.3 --version
Python 3.3.0
$ time python3.3 ./fib.py            
63245986
python3.3 ./fib.py  32.66s user 0.00s system 99% cpu 32.744 total

$ pypy --version  
Python 2.7.2 (1.9+dfsg-1, Jun 19 2012, 23:45:31)
[PyPy 1.9.0 with GCC 4.7.0]
$ time pypy ./fib.py
63245986
pypy ./fib.py  8.59s user 0.03s system 99% cpu 8.676 total


March 12, 2013

node.jsでBuffer経由でArrayBufferを使う

Qiitaに書いた記事と同じです。

ブラウザ向けに書いていたコードをどうしてもサーバサイドでも使いたいと思い調べた結果以下のコードで使えることがわかった。

これでDataStream.jsをちょこっと変更するだけでnode.jsでも手軽にバイナリをいじれるようになった。

node向けに変更したDataStream.js



黒歴史クリーナーよりも確実にツイートを消すスクリプト

※黒歴史クリーナーがTwitterArchiveに対応したので以下の内容は、それらのサービスに頼りたくない人のみお読みになられればと思いますまる